【福岡・朝倉市での活動】

避難生活が続いている朝倉市にて継続支援先への個別支援を行いました。
朝倉市では9月末に公費解体の申請期限が迫っていることもあり、周知活動を行っています。周知活動の中では、期限は知っているけれども手続きや相談先が分からない、といった声が聞かれ、朝倉市の被災者相談窓口におつなぎしています。

また、全国で多くの被害が出ている中、昨年の豪雨被害を受けた朝倉市でも再び被害があったとのことで、作業を行ってきました。今回は、地元支援団体の杷木ベースのお手伝いに加わり、劣化した土のうの撤去作業を行いました。

写真の土砂の山は、今回の大雨で流れてきた土砂だそうです。ボランティアの力はまだまだ必要ですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA