活動報告@久留米

本日、久留米大学医学部看護学科の三橋先生、チーム螢火の岩佐さんと一緒に、久留米市社会福祉協議会に伺い、開設された「久留米市災害ボランティアセンター」の運営について協議しました。
 
【久留米市の浸水被害】※7/11時点
 床上浸水 335棟
 床下浸水 1605棟
 
YNFは、久留米市社協、災害支援団体等と協力しながら、被災者ニーズに基づき、災害ボランティアに係る関係主体の連携体制の構築、協議していきます。また熱中症や感染症の拡大懸念がある状況下でのボランティア活動は、とても危険です。三橋先生の指南のもと、衛生面を強化し対策を講じていきます。
 
 
 
 
 
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA