活動報告@大牟田

【2020.07.29】
被災した方の仮住まい探しのため、大牟田市役所さんに同行支援からのスタートです。

大牟田市さんでは、市の独自施策で、住居に課題がある方のために仮住まいを提供しています。
Inspireさんの事前準備も素晴らしかったため、スムーズな入居へ。

また、住民さんやボランティアさん向けにスポーツドリンクやお茶などの飲み物をグリーンコープさんから大量にご提供いただきました!
グリーンコープさんはあちこちの災害現場でもいつもお世話になっております。

いただいた、飲み物の一部は飲料が足りなくなってきたとおっしゃっていたちょいボラさんへご提供。
一方で、先日の井戸が埋まって飲料水に不自由されているお宅向けに飲料水と食品をいただきお届けできました!
ちょいボラさん、ありがとうございました!


【2020.07.30】
昨日も、Inspireさん、JRVC九州さん、JRVCチーム螢火さんと協働で運営するおおむた災害サポートチームでの活動。

「床下が気になるので見にきてほしい」という問合せを数件いただいたので、早速確認してきました。
既に乾燥させる処置をしていたお宅ばかりなので順調に床下は乾いてました!

ただ、その中でも家具の移動などの力仕事の相談もぽちぽち出てきています。
また、先日スマートサプライで募集したサーキュレーターですが、ルーテル教会さまよりご協力の申し出をいただき、解決できる見通しがたちそうなので必要数を減らしました。
ですが、まだまだ他の資機材などが現場は足りていません。


【2020.07.31 大牟田市】
Inspireさん、JRVC九州さん、JRVC朝倉チーム螢火さんと協働するおおむた災害サポートチーム、たくさんの方々からのご協力をいただきながら活動を進めています。

週末に備えて、現場調査を進めるほか、必要資機材の準備も大分はかどりました!
九州キリスト災害支援センターさまが朝から乾燥用扇風機を荒尾から持ってきてくださいました。
また、以前も送風機をお貸しいただいたAAR Japan佐賀事務所さまからもさらに追加の資機材を。

そして先日、日本福音ルーテル教会九州教区さまからのお申し出でたくさんのサーキュレーターを購入することができました。
グッディさんにご相談したところ、多くの台数にも関わらず、その日のうちに半数が納入されるという、ご協力もいただきました!
ご協力いただいている全ての方に感謝しながらしっかり活動を進めていきます!


【2020.8.1】
本日は週末、ということでたくさんの方々との活動でした。
福岡県内でも新型コロナウィルスの感染者数が増加しており、多くの不安もありますが、活動柄、三密にはなりくいのですが、とにかく手洗いの徹底!
手洗いセットの持参や声かけなどをしっかり行っています。
大牟田も荷物出し案件から徐々に床下作業にニーズが変化している感もでてきていますが、この床下作業がかなり大きな課題かな、と考えています。


YNFでは被災者の方の生活再建を見据えて、短期で終わる支援活動ではなく、地域に根ざした、中長期の支援活動を継続して行うには資金の確保が課題となっています。
私たちの活動理念や主旨にご賛同いただける方であれば、個人・団体を問わずどなたでもご支援いただくことができます。
皆様からのご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

▼YNFへ寄付する
 bit.ly/donation_ynf

▼クラウドファンディング-Syncable
 令和2年7月豪雨災害支援
【初動時の活動費用の支援をお願いします!】
 https://syncable.biz/campaign/1152/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA