NHKクローズアップ現代「取り残された被災者」を救えるか~ 新たな支援『災害ケースマネジメント』

7月13日22:00から放送のNHKクローズアップ現代。
 
YNFが取り上げられているわけではないですが。
 
こうした番組を通じて災害を取り巻く課題を知っていただけたらと思います。https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4570/index.html
 
 
—–番組サイトより抜粋—–
 
地震、台風、豪雨-。近年、毎年のように大規模災害が発生している中、住宅や生活再建が進まず「取り残された被災者」の存在が明らかになっている。
 
高齢、障害、病気や生活困窮など様々な困難を抱える被災者が、支援制度を活かせない実態があるのだ。背景にあるのは災害対応が何十年も前に作られた古い法律に基づき、復興があくまで道路や建物などハード中心なこと。被災者の生活には目が向けられないまま、家の損壊状況だけで支援が決まることにある。
 
また、これまで災害に直面したことのない自治体職員が、他の地域での災害の教訓を共有できず、対応の中心的責任を任されている構造も大きな課題だ。
 
そのような中、被災者一人ひとりに寄り添い、災害NPO、弁護士、建築家、介護などの専門家が連携して生活再建を支える「災害ケースマネジメント」と呼ばれる新たな取り組みが、被災地を中心に広がり、期待されている。
 
東日本大震災から10年が経った今、災害大国ニッポンのあるべき災害支援の仕組みについて考える。

※放送から1週間は「見逃し配信」がご覧になれます。こちらから
 
———-

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA