活動報告@大牟田

九州も梅雨が明け、とても暑くなってきました。
 
なぜわざわざこんな時期に…と自分たちでも思ってしまいますが、支援モレをなくすための個別訪問を開始…防災に関するアンケート調査とセットで行っています。
 
 
 
今のところ2日間行っただけで、30件弱しかお話しを聞けてませんが、既に深刻なケースも…
 
濡れた畳を捨てた後、畳下板のまま生活されているお宅…
未だに清掃が終わってないまま生活されているお宅…
工事中なので、仮設の橋からしか行けないお宅…
 
1年やそこらでは片づかない課題が被災地にはゴロゴロしています。内水氾濫の場合、外から見た目は何事もなかった、とすぐなりますが、一軒・一軒お邪魔するとこうした課題が見えてきます。
 
引き続きしっかり頑張らないといけません。
 
 
 
 
 
 
本活動は休眠預金を活用し実施しています。
 
 
 
 
 
※YNFでは被災者の方の生活再建を見据えて、短期で終わる支援活動ではなく、中長期の支援活動を継続して行うには資金の確保が課題となっています。
 
私たちの活動理念や主旨にご賛同いただける方であれば、個人・団体を問わずどなたでもご支援いただくことができます。皆様からのご支援をどうぞ宜しくお願い致します。
 
YNFへ寄付する:bit.ly/donation_ynf
 
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA