活動報告@久留米(令和3年8月豪雨)

既に他のボランティアさんが入ったお宅からの依頼。
 
サーキュレーターの設置はされていたものの、不安だということで床下を確認すると、フローリング下のコンパネがカビており、また傷んでいました。(フローリングも既に山になっていました…)
 
 
 
高齢夫婦の2人暮らし世帯で、お二人とも闘病中、という大変なお宅。消毒や清掃についてもご相談いただいたので、対応を行い、消毒・清掃の作業は終わりましたので、今後は修理の相談。
 
床下のカビについては、スチームや防カビ剤で応急的に処置。(木材そのもののを変える必要がありますので、そこは修理を視野に入れて)
 
 
 
 
 
乾燥させた後に畳を2階から降ろすと、お二人ともほっとされた様子でした。
 
発災から落ち着かない日々を送っていたとのことだったので、お二人のペースに合わせてこの後はゆっくりと進めていきます。
 
 
平成30年の西日本豪雨で大きな被害を受けた愛媛県大洲市。
 
大洲市社会福祉協議会さんが運営する地域支え合いセンターさんからマスクや土嚢、千羽鶴を送っていただきました!ありがとうございました!
 
 
 
 
 
 
本活動は休眠預金を活用し実施しています。
 
 
 
 
 
 
———–
 
被災地でお手伝い頂けるボランティアを募集しています。
 
活動へのご参加は登録制となりますので、ガイドラインに従って感染予防に努めつつご参加いただけることが必須条件となります。ご一読いただき、下記の登録フォームをお送りください。
 
▼ボランティア活動及び受入れのガイドライン
 
▼ボランティア登録フォーム
 
 
——————
 
平成29年7月九州北部豪雨や令和2年7月九州豪雨等の援活動も引き続き行っています。
 
私たちの活動は、発災直後の緊急期のみならず、関わった方々が住まいの再建に至るまで継続的に支援を行う中長期型の活動となるため、継続的にご支援いただくサポーター支援制度も設けています。
 
皆さまのお力を借りて、解決が困難な課題を抱えた被災世帯の方々へ届く支援を行っていけたらと思っていますので、ご支援のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。
 
▼サポーターで活動を支える(継続的なご支援)
 
▼寄付で活動を支える(単発のご支援)
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA