活動報告@久留米(令和3年8月豪雨)

発災からもうすぐ1か月が経とうとしていますが、久留米では引き続き床下乾燥や床下の排水の対応を行っています。
 
 
 
 
昨日は鳥飼、長門石、城島で活動をしました。
 
長門石の被災者からは「床下のことを教えてくれる人がおらん」「床下浸水するとどうなると?」とお問い合わせがあったので現地調査を兼ねて訪問。
 
住人さんに写真や図等を用いて浸水した家を放置するとどうなるのかを説明しました。
 
 
 
災害現場ではよく作業だけが取りざたされますが、被災された方に現状を説明して、今後のことを提案していくことも必要な支援だと思います。
 
 
 
 
 
 
本活動は休眠預金を活用し実施しています。
 
 
 
 
 
 
——————
 
平成29年7月九州北部豪雨や令和2年7月九州豪雨等の援活動も引き続き行っています。
 
私たちの活動は、発災直後の緊急期のみならず、関わった方々が住まいの再建に至るまで継続的に支援を行う中長期型の活動となるため、継続的にご支援いただくサポーター支援制度も設けています。
 
皆さまのお力を借りて、解決が困難な課題を抱えた被災世帯の方々へ届く支援を行っていけたらと思っていますので、ご支援のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。
 
▼サポーターで活動を支える(継続的なご支援)
 
▼寄付で活動を支える(単発のご支援)
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA