活動報告@久留米(令和3年8月豪雨)

本日は「床下を見てもらいたい」とお問合せのあったお宅を訪問。
 
この方は、ご近所の人の紹介でYNFのことを知ったようでした。
 
当初は床下の様子を見るだけのつもりでしたが、べた基礎の床下には水が1センチほどたまっていました。
 
 
 
プロボノさんの指導の下、低水位吸排水用ポンプを使って排水作業を実施しました。
 
 
 
排水後は、サーキュレーターを使って乾燥。
 
プロボノさんには前回に引き続き被災者宅を汚さない心構えを教えていただきました。
 
 
 
 
まだまだ学ぶこと、注意することが多く私達YNFも勉強の毎日です。
 
作業ニーズが落ち着いてきたので、今後は声を上げきれなかった被災者宅を探すためのアウトリーチをしっかりしていきます。
 
 
 
 
 
 
 
本活動は休眠預金を活用し実施しています。
 
 
 
 
 
 
——————
 
平成29年7月九州北部豪雨や令和2年7月九州豪雨等の援活動も引き続き行っています。
 
私たちの活動は、発災直後の緊急期のみならず、関わった方々が住まいの再建に至るまで継続的に支援を行う中長期型の活動となるため、継続的にご支援いただくサポーター支援制度も設けています。
 
皆さまのお力を借りて、解決が困難な課題を抱えた被災世帯の方々へ届く支援を行っていけたらと思っていますので、ご支援のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。
 
▼サポーターで活動を支える(継続的なご支援)
 
▼寄付で活動を支える(単発のご支援)
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA