活動報告@久留米(令和3年8月豪雨)

以前乾燥や清掃でお手伝いに入ったお宅にお邪魔しました。
 
高齢お二人暮らしで、2週間程度畳を上げていたことで疲れが溜まった、と言われていたので、少し時間を開けてから修理についての個別対応。
 
り災証明が準半壊だったので、極力公的支援制度を利用する形で進めます。
 
これまで数度の被災経験があるそうですが、前回浸水被害にあった時には無かった「準半壊」。
 
市役所から書類は送られて来ているものの、よく分からないとのことなので、サポートしていきます。
 
他にも今回作業した現役世代のお宅からも同様の相談が。
 
支援制度自体がコロコロ変わることからも、「被災慣れしてるから大丈夫」という時々耳にする言葉がナンセンスだと言わざるを得ません。
 
また、先日から乾燥をかけていたお宅のサーキュレーターの引き上げなどの軽作業も行いました。
 
 
 
 
 
 
 
本活動は休眠預金を活用し実施しています。
 
 
 
 
 
 
——————
 
平成29年7月九州北部豪雨や令和2年7月九州豪雨等の援活動も引き続き行っています。
 
私たちの活動は、発災直後の緊急期のみならず、関わった方々が住まいの再建に至るまで継続的に支援を行う中長期型の活動となるため、継続的にご支援いただくサポーター支援制度も設けています。
 
皆さまのお力を借りて、解決が困難な課題を抱えた被災世帯の方々へ届く支援を行っていけたらと思っていますので、ご支援のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。
 
▼サポーターで活動を支える(継続的なご支援)
 
▼寄付で活動を支える(単発のご支援)
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA