活動報告@久留米(令和3年8月豪雨)

先日のアウトリーチで出会ったお宅の対応をしてきました。
 
 
 
ここの家主さんは耳が聞こえないので、パソコンを用いた筆談でコミュニケーションをとりました。
 
一件大丈夫そうな棚の裏や収納スペースの裏には黒カビや青カビが生えていました。
 
 
 
作業用のマスク越しにもカビの臭いが感じられ、健康にも影響が出そうでした。
家主さんにはカビを実際に見せたり、このまま放置するとどうなるのか図や写真を用いて説明しました。
 
後日業者によるリフォームをするので、YNFでは業者が入るまでの間なるべく快適に過ごせるように清掃と消毒を行いました。
 
 
 
久留米では令和3年8月豪雨による被害は収束したかのような雰囲気が出始めていますが、助けを必要としている被災者はまだいます。
 
被災地に中長期的に関わることができるのがYNFの強みなので、私達は常駐体制を解いた後でも久留米での支援活動を続けていきます。
 
 
 
 
 
 
本活動は休眠預金を活用し実施しています。
 
 
 
 
 
 
——————
 
平成29年7月九州北部豪雨や令和2年7月九州豪雨等の援活動も引き続き行っています。
 
私たちの活動は、発災直後の緊急期のみならず、関わった方々が住まいの再建に至るまで継続的に支援を行う中長期型の活動となるため、継続的にご支援いただくサポーター支援制度も設けています。
 
皆さまのお力を借りて、解決が困難な課題を抱えた被災世帯の方々へ届く支援を行っていけたらと思っていますので、ご支援のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。
 
▼サポーターで活動を支える(継続的なご支援)
 
▼寄付で活動を支える(単発のご支援)
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA